未分類

AGA治療の効果と妊娠の関係について

AGA治療では抜け毛の予防効果が認められているプロペシアと呼ばれている治療薬を使用します。
この飲み薬は抜け毛に関連しているといわれているジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの働きに強く作用する性質を持つ飲み薬です。
その効果は非常に大きく、現在のところ男性のみが治療の適用となっています。
その理由となっているのが女性にとっては非常にリスクが高いということが分かっているからなのです。
特に妊娠中の女性にとってはお腹の子供に強く影響してしまいます。
そのため妊娠中は飲み薬に触れることさえ避けるべきであるといわれており、妊娠中のパートナーがいる場合にはAGA治療もよく考えて行う必要があります。

プロペシアの効果は体内のホルモンバランスに強く影響するものです。
男性の場合には抜け毛を促進するジヒドロテストステロンが活発に機能していると考えられる場合に限って有効であるとされていますが、女性の場合には抜け毛予防のメリットよりもホルモンバランスを崩してしまうことによりリスクが大きく、現在でも服薬による薄毛治療は男性だけのものになっています。
このことは女性にとって常識であるといえる状況にはないため、そうと知らずにプロペシアに関心を持つ女性は少なくありません。
薄毛に悩む女性はそれなりの人数が存在しており、改善のために男性用の薬に興味を持つこともあるのです。
通常時であればホルモンバランスの乱れで済みますが、妊娠時には子供への影響が多大になりますので、場合によっては取り返しのつかないことになる場合もあります。
そのためAGA治療を行う場合には、最低限の知識として女性への影響の大きさを知っておかなくてはなりません。